仮想通貨FX(ビットコインFX)のスプレッド比較!おすすめの海外取引所も紹介

本記事は以下の方におすすめ!
  • 仮想通貨FXのスプレッドを取引所ごとに比較したい
  • スプレッドが狭い取引所で仮想通貨FXがしたい
  • 狭いスプレッドでビットコインFXができる海外取引所は?

スプレッドが狭い仮想通貨取引所を利用すれば、コストをおさえて取引ができます。結果として、利益の増加にも繋がります!

このように仮想通貨FXではスプレッドが狭い取引所でトレードすることが極めて重要です。

この記事では、仮想通貨FXのスプレッドについて以下の内容を解説します。

これからスプレッドが狭い取引所で仮想通貨FXを考えている方は、ぜひ参考にしてください。

目次

仮想通貨FX(ビットコインFX)のスプレッドとは?

仮想通貨FX(ビットコインFX)のスプレッドとは、買値と売値の差のことを指します。

ビットコインをはじめ仮想通貨には、買う際の価格(買値)と売る際の価格(売値)に差があります。

例えば、ビットコインの購入価格が500万円、売却価格が502万円の場合、差額は2万円です。この差額がスプレッドになります。

編集長

また、このスプレッド分を上回る利益を出さなければ、取引から利益を得ることができません。

仮想通貨FX(ビットコインFX)を行う際、スプレッドの狭さは非常に重要です。

仮想通貨FXのスプレッドと手数料の違い

仮想通貨FXにおける取引コストは、主にスプレッドと手数料に分けられます。

スプレッドと手数料の違い
  • スプレッド:仮想通貨の購入価格(買値)と売却価格(売値)の間の差額
  • 手数料:手数料は取引所が仮想通貨の売買に際して課す費用

それぞれ詳しく解説します。

スプレッドとは?

スプレッドとは、仮想通貨を買う価格(買値)と売る価格(売値)の間の差額を指します。

簡単に言うと、スプレッドは「買値と売値の価格の差」であり、この差額が取引のコストの一部となります。

例えば、ビットコインの買値が3,910,500円で、売値が3,907,950円の場合、スプレッドは2,550円です。

スプレッドの幅が狭いほど、コストは低くなりますが、この価格差は市場の状況によって変動します。

手数料とは?

一方で、手数料とは、取引所が仮想通貨の売買に際して課す費用で、通常「取引量の何%」という形で設定されています。

この手数料は、取引所の公式サイトに具体的な率や計算方法が明記されているのが一般的です。スプレッドとは異なり、一定の割合で計算されます。

また、海外の仮想通貨取引所では、基本的に手数料が課されますが、為替がメインの海外FX業者の場合は、スプレッドでコストがかかる仕組みです。

編集長

仮想通貨FXを行う際には、スプレッドと手数料の違いを理解しておきましょう。

仮想通貨FXなら海外取引所がおすすめ

仮想通貨FXを行う際、国内取引所か海外取引所を利用するか、悩む方もいるのではないでしょうか。

結論、仮想通貨FXを行うなら海外の取引所がおすすめです!

仮想通貨FXに海外取引所がおすすめな理由
  • スプレッドが狭く取引コストが安い
  • 最大100倍〜1000倍のレバレッジで取引できる
  • ゼロカットシステムで追証や借金のリスクがない
  • ボーナスキャンペーンを利用して無料体験が可能
  • 取引ツールとしてMT4MT5が使用できる

特にハイレバレッジ取引ができる点とボーナスを使って無料で仮想通貨FXができる点は、国内取引所にはない大きなメリットです!

編集長

本格的に仮想通貨FXで大きな利益を得たい方は、メリットが多い海外取引所を利用しましょう。

なお、おすすめの海外取引所は「仮想通貨海外取引所ランキング!おすすめ比較15選」で紹介しているので参考にしてください。

仮想通貨FXのスプレッド比較一覧表【国内・海外】

次に仮想通貨FXのスプレッドを比較一覧表で紹介します。

今回は特にスプレッドが狭い国内取引所と海外取引所を厳選して徹底比較しました。

また、スプレッドの比較のほか、取引手数料や総合的にコストの安さも比較しています。

比較項目
  • スプレッド
  • 取引手数料
  • スプレッド+取引手数料
スプレッドの比較条件
  • 海外の取引所は対USD(例:ビットコインならBTC/USD)で計測後、1ドル=140円で日本円換算
  • XMTradingはKIWAMI極口座、FXGTはCrypto Max口座で計測
  • 2023年9月時点の計測

では、順番に比較一覧表を見ていきましょう。

スプレッドの比較一覧表

まずはスプレッドの比較一覧表です。

今回は、ビットコインのスプレッドで比較一覧表にまとめました。

スクロールできます
取引所名販売所取引所
海外取引所FXGT2,770円
XMTrading3,644円
Bybit13円
Zoomex27円
国内取引所GMOコイン189,303円7,570円
bitFlyer110,112円1,325円
DMM Bitcoin151,951円
SBI VCトレード199,901円6,672円
ビットコインのスプレッド比較一覧表
スプレッド比較表から分かること
  • 全体的に国内取引所よりも海外取引所の方がスプレッドが狭い
  • BybitやZoomexなど仮想通貨取引所はスプレッドが非常に狭い
  • 狭いスプレッドで仮想通貨FXを行うなら海外取引所がおすすめ

スプレッドの比較一覧表から分かる通り、国内取引所と比較して海外の取引所はスプレッドが狭く設定されています。

加えて、「国内取引所のビットコインのスプレッドは広すぎる」と感じた方もいるかもしれません。国内取引所の販売所形式(取引所と直接売買)は、基本的にスプレッドが広い設定になっています。

狭いスプレッドで仮想通貨を取引したい方は、低スプレッドの海外取引所がおすすめです。

取引手数料の比較一覧表

次に、取引手数料の比較一覧表を見ていきましょう。

スクロールできます
取引所名販売所取引所
海外FXGT無料
XMTrading無料
Bybit・現物取引:メイカー0.1%・テイカー0.1%
・デリバティブ取引:メイカー0.02%・テイカー0.055%
Zoomexメイカー0.02%・テイカー0.055%
国内GMOコイン無料・BTC/ETH/XRP:メイカー-0.01%・テイカー0.05%
・LTC:メイカー-0.03%・テイカー0.09%
bitFlyer無料取引量に応じて0.01%~0.15%
DMM Bitcoin無料
SBI VCトレード無料メイカー-0.01%・テイカー0.05%
取引手数料の比較一覧表
取引手数料の比較表から分かること
  • 海外FX業者のFXGTとXMTradingは取引手数料が無料
  • 国内取引所の販売所形式は取引手数料が無料
  • スプレッドが狭いbitFlyerの取引手数料は高め

仮想通貨FXの世界では、スプレッドが広めの販売所タイプでは通常、取引手数料がかからないのが特徴です。

一方でスプレッドが狭い取引所タイプでは、取引手数料が必要になるケースが一般的。

しかし、FXGTやXMTradingのような海外FX業者では、取引手数料が完全無料です。そのため、スプレッドのみを考慮しておけば全体の取引コストを簡単に理解できます。

なお、国内の取引所であるbitFlyerは、スプレッドが比較的狭いにも関わらず、取引手数料が比較的高めに設定されている点は注意が必要です。

スプレッド+取引手数料の比較一覧表

最後に、スプレッド+取引手数料の比較一覧表を見ていきましょう。

スプレッド+取引手数料の比較条件
  • 仮想通貨FXで多い「成行・レバレッジ取引」を想定してテイカー手数料で計算
  • bitFlyerの取引手数料は0.10%で計算
  • 1ロット購入の仮想通貨FXを想定
  • 2023年9月に計測した仮想通貨の価格で計算
スクロールできます
取引所名ビットコインイーサリアムリップルライトコイン
海外取引所FXGT2,770円257円0.75円15.3円
XMTrading3,644円247円0.21円132円
Bybit2,092円133円0.053円6.7円
Zoomex2,111円134円0.053円6.6円
国内販売所GMOコイン189,303円11,933円3.665円467円
bitFlyer110,112円9,083円3.251円457円
DMM Bitcoin151,951円9,086円3.228円745円
SBI VCトレード199,901円13,071円4.021円508円
国内取引所GMOコイン9,465円1,073円0.624円54.4円
bitFlyer5,115円382円0.194円
SBI VCトレード8,568円1,047円0.902円101円
スプレッド+取引手数料の比較一覧表
スプレッド+取引手数料の
比較一覧表から分かること
  • 全ての仮想通貨銘柄でBybit・Zoomexの取引コストが最も安い
  • 海外FX業者のFXGTとXMTradingも総じて国内取引所より安い
  • 仮想通貨の銘柄によってコストが異なる

今回のスプレッド比較の検証結果、総じて海外仮想通貨取引所のBybitとZoomexの取引コストが安いことが分かりました。

また、海外FX業者のFXGTとXMTradingに関しても、国内の仮想通貨取引所と比較してスプレッドが低かったです。

スプレッドが狭い取引所や取引手数料を抑えて取引したい方は、取引コストが安い海外取引所を利用しましょう。

仮想通貨FXのスプレッドが狭いおすすめ海外取引所

ここでは、仮想通貨FXのスプレッドが狭いおすすめの海外取引所を紹介します。

仮想通貨FXのスプレッドが狭い
おすすめ海外取引所
  • FXGT
  • XMTrading
  • Bybit(バイビット)
  • Zoomex

詳細を順番に見ていきましょう。

FXGT

仮想通貨FXのスプレッドが狭いおすすめ海外取引所はFXGT
項目詳細
取引所FXGT
設立2019年
所在地セーシェル
最大レバレッジ1000倍
銘柄数約40種類
取引手数料ECN口座以外:無料
ECN口座:0.1%/1ロット
クレジットカード入金可能
ゼロカットあり
日本語サポートあり
スマホアプリあり
公式サイトhttps://fxgt.com/ja/

FXGTは、仮想通貨を唯一レバレッジ1000倍で取引できる海外FX業者です。

取引できる仮想通貨は、ビットコインの他にイーサリアムや柴犬コインなど、主要のアルトコインを多数取り扱っています。

FXGTで仮想通貨FXができる銘柄一覧
仮想通貨銘柄読み方
BTCUSDビットコイン/ドル
BTCJPYビットコイン/円
ETHJPYイーサリアム/円
XRPUSDリップル/ドル
XRPJPYリップル/円
LTCUSDライトコイン/ドル
LTCJPYライトコイン/円
BCHUSDビットコインキャッシュ/ドル
BCHJPYビットコインキャッシュ/円
XRPBTCリップル/ビットコイン
ETHBTCイーサリアム/ビットコイン
LTCBTCライトコイン/ビットコイン
BTCEURビットコイン/ユーロ
BCHEURビットコインキャッシュ/ユーロ
LTCEURライトコイン/ユーロ
ETHEURイーサリアム/ユーロ
XRPEURリップル/ユーロ
ADAUSDエイダコイン/ドル
ADABTCエイダコイン/ビットコイン
ADAJPYエイダコイン/円
ADAEURエイダコイン/ユーロ
XLMUSDステラルーメン/ドル
XLMBTCステラルーメン/ビットコイン
XLMJPYステラルーメン/円
XLMEURステラルーメン/ユーロ
DOTUSDポルカドット/ドル
DOTBTCポルカドット/ビットコイン
DOTJPYポルカドット/円
DOTEURポルカドット/ユーロ
DOGUSDドージコイン/ドル
SHBUSD柴犬コイン/ドル
MBTUSDミリビットコイン/ドル
IOTUSDアイオタ/ドル
XTZUSDテゾス/ドル
BNBUSDバイナンスコイン/ドル
BSVUSDビットコインSV/ドル
TRXUSDトロン/ドル
EOSUSDイオス/ドル
DSHUSDダッシュ/ドル
XMRUSDモネロ/ドル

また、公式サイトやスマホアプリが日本語に対応しているほか、日本人サポートも充実しています。

さらに今なら期間限定でボーナスキャンペーンを開催中です。

編集長

口座を開設するだけで、無料で15,000円分のトレード資金がもらえます!

ボーナスを利用して取引したい方や少額の資金で大きな利益を狙いたい方は、FXGTの利用がおすすめです!

\今ならタダで15,000円がもらえる!/

XMTrading

仮想通貨FXのスプレッドが狭いおすすめ海外取引所はXMTrading
項目詳細
取引所XMTrading
設立2009年
所在地セーシェル
最大レバレッジ500倍
銘柄数約60種類
取引手数料無料
クレジットカード入金可能
ゼロカットあり
日本語サポートあり
スマホアプリあり
公式サイトhttps://xmtrading.com/

XMTradingは、日本人に人気の海外FX業者です。

仮想通貨を最大500倍のレバレッジで取引できるほか、スプレッドが狭く取引手数料が無料な点も大きなメリット!

中でもKIWAMI極口座は、特にスプレッドが狭い口座タイプです。仮想通貨FXを本格的に行いたい方は、KIWAMI極口座を開設しておけば間違いありません。

また、XMTradingはボーナスキャンペーンも豪華な海外取引所です。

XMTradingのボーナスキャンペーン
  • 口座開設ボーナス:13,000円
  • 入金ボーナス:最大158万円
  • 取引キャッシュバックボーナス

ボーナスを利用してお得に仮想通貨FXをしたい方は、低スプレッドのXMTradingで口座を開設しましょう。

\今ならタダで13,000円がもらえる!/

Bybit(バイビット)

仮想通貨FXのスプレッドが狭いおすすめ海外取引所はBybit
項目詳細
取引所Bybit
設立2018年
所在地ドバイ
最大レバレッジ100倍
銘柄数約350種類
取引手数料現物取引:メイカー0.1%・テイカー0.1%
デリバティブ取引:メイカー0.02%・テイカー0.055%
クレジットカード入金可能
ゼロカットあり
日本語サポートあり
スマホアプリあり
公式サイトhttps://bybit.com/

Bybitは、世界で人気が高い仮想通貨取引所です。

日本人にも人気の取引所で日本語サポートも充実しています。

スプレッドや取引手数料も安いため、仮想通貨のスキャルピングやデイトレードなど短期の売買にもおすすめです!

また、仮想通貨の取り扱い銘柄数は300種類を超えており、ビットコインをはじめ、アルトコインの取引にも十分対応しています。

さらにBybitは、ボーナスキャンペーンも豪華な海外取引所です。

Bybitのボーナスキャンペーン一覧
  • 口座開設ボーナス:6,000円
  • 入金ボーナス:最大3万ドル
  • MT4アカウント作成ボーナス:最大6,030USDT

仮想通貨FXのスプレッドを試す意味でも、まずはボーナスを利用して無料で体験してみるのがおすすめです。

コストをおさえて仮想通貨FXをしたい方は、Bybitで口座を開設しましょう。

\今ならタダで6,000円がもらえる!/

Zoomex

仮想通貨FXのスプレッドが狭いおすすめ海外取引所はZoomex
項目詳細
取引所Zoomex
設立2021年
所在地シンガポール
最大レバレッジ150倍
銘柄数約200種類
取引手数料メイカー0.02%
テイカー0.055%
クレジットカード入金可能
ゼロカットあり
日本語サポートあり
スマホアプリあり
公式サイトhttps://zoomex.com/

Zoomexは、最大150倍のレバレッジをかけて仮想通貨FXができる海外取引所です。

2021年に設立の新興業者でありながら、スプレッドや手数料が安い取引所として日本人に人気が出てきています。

また、Zoomexは本人確認(KYC認証)不要でビットコインFXが行える点もおすすめポイントです。気軽に仮想通貨を取引したい方には、ピッタリの仮想通貨取引所。

さらに今なら、新規の登録ボーナスとして、20ドルのトレード資金がもらえるキャンペーン中です。

ボーナスを利用して仮想通貨FX(ビットコインFX)をしたい方は、今のうちにZoomexで口座を開設しておきましょう。

\今ならタダで20ドルがもらえる!/

以上が、仮想通貨FXのスプレッドが狭いおすすめ海外取引所でした。

なお、海外取引所で仮想通貨FXを本格的に始めたい方は、「仮想通貨FX・ビットコインFXの海外取引所おすすめランキング10選」をご覧ください。

仮想通貨FXのスプレッドが狭い国内取引所を紹介

続いて、仮想通貨FXのスプレッドが狭い国内取引所を紹介します。

仮想通貨FXのスプレッドが狭い国内取引所
  • GMOコイン
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • DMM Bitcoin
  • SBI VCトレード

詳細を順番に見ていきましょう。

GMOコイン

仮想通貨FXのスプレッドが狭い国内取引所はGMOコイン
項目詳細
取引所GMOコイン
設立2016年
所在地東京
最大レバレッジ2倍
銘柄数26種類
取引方法販売所・取引所
取引手数料販売所:無料
取引所:メイカー-0.01%・テイカー0.05%
もしくは メイカー-0.03%・テイカー0.09%
クレジットカード入金不可
ゼロカットなし
スマホアプリあり
公式サイトhttps://coin.z.com/jp/

GMOコインは、知名度が高い国内取引所です。

入金・出金手数料が無料で20種類以上の暗号資産を取り扱っています。

また、暗号資産関連のサービスを多数展開している点も魅力のひとつです。

GMOコインのサービス一覧
  • 積立暗号資産
  • 貸暗号資産
  • ステーキング
  • IEO

また、スマホアプリにも対応しており、いつでもどこでも仮想通貨FXができます。

スプレッドに関しては、海外取引所と比較してそこまで低くはありません。しかし、GMOコインは、安全性と信頼性の観点からおすすめできる国内取引所です。

スプレッドや手数料などの取引コストよりも、安全性や利便性を重視したい方は、GMOコインで口座を開設しましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)

仮想通貨FXのスプレッドが狭い国内取引所はbitFlyer
項目詳細
取引所bitFlyer(ビットフライヤー)
設立2014年
所在地東京
最大レバレッジ2倍
銘柄数22種類
取引方法販売所・取引所
取引手数料販売所:無料
取引所:取引量に応じて0.01%~0.15%
クレジットカード入金不可
ゼロカットなし
スマホアプリあり
公式サイトhttps://bitflyer.com/ja-jp/

bitFlyerは、ビットコイン取引量が6年連続1位の国内取引所です。

運営歴も長く、日本人からの人気が高い仮想通貨取引所。

スプレッドに関しては、他の国内取引所と比較しても狭いのが特徴です。ただし、取引手数料がやや高めなのがデメリット。

また、最大レバレッジは2倍となっており、海外取引所と比較するとかなり低めです。

編集長

とはいえ、ビットコインやイーサリアムをはじめ、主要な仮想通貨を20種類以上取引ができます。

狭いスプレッドでビットコインFXがしたい方は、bitFlyerで口座を開設しましょう。

DMM Bitcoin

仮想通貨FXのスプレッドが狭い国内取引所はDMM ビットコイン
項目詳細
取引所DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
設立2016年
所在地東京
最大レバレッジ2倍
銘柄数33種類
取引方法販売所
取引手数料無料(ポジション翌日持ち越し時にレバレッジ手数料0.04%発生)
クレジットカード入金不可
ゼロカットなし
スマホアプリあり
公式サイトhttps://bitcoin.dmm.com/

DMM Bitcoinは、国内最多の仮想通貨の取扱数を誇る取引所です。

銘柄数は30種類を超えており、ビットコインやイーサリアムなど主要な仮想通貨はもちろん、柴犬コインやApeコイン等のアルトコインも多数取り扱っています。

入金・出金手数料は無料で、暗号資産の送金手数料も無料です。国内取引所から海外取引所に送金したい方におすすめの取引所。

ただし、レバレッジ取引に手数料がかかる場合があるのは注意したいポイントです。

最大レバレッジは2倍ですが、安定感や信頼性が高い取引所で仮想通貨FXをしたい方におすすめですよ。

SBI VCトレード

仮想通貨FXのスプレッドが狭い国内取引所はSBI VCトレード
項目詳細
取引所SBI VCトレード
設立2017年
所在地東京
最大レバレッジ2倍
銘柄数20種類
取引方法販売所・取引所
取引手数料販売所:無料
取引所:メイカー-0.01%・テイカー0.05%
クレジットカード入金不可
ゼロカットなし
スマホアプリあり
公式サイトhttps://www.sbivc.co.jp/

SBI VCトレードは、20種類以上の仮想通貨を取引できる国内取引所です。

SBIのグループ会社というのもあり、利用に際して安定感があります。

また、SBI VCトレードでは仮想通貨関連のサービスも多数展開中です。

SBI VCトレードのサービス
  • ステーキング
  • 積立暗号資産
  • 貸暗号資産

SBI VCトレードのスプレッドは、広すぎるとまではいかないものの、海外取引所と比較すると広いと言わざるを得ないでしょう。

SBI VCトレードは、仮想通貨FX以外の用途の利用におすすめの国内取引所です。

仮想通貨FXのスプレッドをおさえる方法・ポイント

仮想通貨FXにおいて、取引コストを最小限に抑えるためには、スプレッドを理解し、賢く対策を立てることが重要です。

ここでは、仮想通貨FXのスプレッドをおさえる方法・ポイントを紹介します。

仮想通貨FXのスプレッドを
おさえる方法・ポイント
  • スプレッドが低い(狭い)海外取引所を利用
  • 取引する仮想通貨(銘柄)によって取引所を変更
  • 販売所ではなく取引所で仮想通貨FXをする
  • 取引量・流動性が高い海外取引所を利用
  • ボーナスやクーポンなどを利用して仮想通貨FXをする

順番に見ていきましょう。

スプレッドが低い(狭い)海外取引所を利用

海外の取引所は、スプレッドが狭い取引所が多いです。スプレッドが狭い海外取引所を選ぶことで、取引コストをおさえることができます。

特にBybitやZoomexなどの海外仮想通貨取引所は、スプレッドがかなり狭いため、取引コストは手数料のみです。

スプレッドをおさえて仮想通貨FXをしたい方は、海外の仮想通貨取引所を利用しましょう。

取引する仮想通貨(銘柄)によって取引所を変更

仮想通貨の種類によっては、特定の取引所の方がスプレッドが狭い場合があります。

そのため、取引する仮想通貨に応じて、最適な取引所を選択することが取引コストをおさえるポイントです。

編集長

複数の取引所を比較し、各通貨に最適な取引環境を見つけましょう。

そのためには、まずは複数の仮想通貨取引所を開設することが大切です。

販売所ではなく取引所で仮想通貨FXをする

仮想通貨の販売所ではなく、取引所で取引を行うことで、より狭いスプレッドで取引が可能になります。

販売所は手軽さが魅力ですが、その分スプレッドが広く設定されていることが多いです。

市場の供給と需要に基づいた取引を望むなら、取引所を利用しましょう。

取引量・流動性が高い海外取引所を利用

取引量が多く流動性が高い取引所は、スプレッドが狭くなりやすい傾向にあります。

流動性が高い市場では、買い手と売り手が常に存在するため、価格の安定性が高く、スプレッドを低く抑えられます。

取引量の多い取引所を選ぶことは、コスト削減におすすめです。

ボーナスやクーポンなどを利用して仮想通貨FXをする

多くの海外取引所では、新規登録者向けのボーナスや、取引量に応じたクーポンなど、様々なプロモーションを実施しています。

これらの特典を活用することで、実質的な取引コストを下げることが可能です。

特にFXGTやBybitでは、口座開設ボーナスや取引キャッシュバックボーナスキャンペーンを定期的に開催しています。

コストをおさえて仮想通貨FXをしたい方は、ボーナスキャンペーンにも着目してみましょう。

なお、仮想通貨をボーナスのみで取引したい方は「仮想通貨FXの入金・口座開設ボーナスキャンペーン」を参考にしてください。

仮想通貨FXのスプレッドに関する注意点を解説

仮想通貨FXを行う上で、スプレッドは取引コストに直結する重要な要素です。

しかし、仮想通貨FXのスプレッドに関して、いくつかの注意点があります。

仮想通貨FXのスプレッドに関する注意点
  • 仮想通貨を取引する時間帯に注意する
  • 仮想通貨のスプレッドが広すぎる取引所は控える
  • 急騰・急落を繰り返すチャートは注意

それぞれの注意点を詳しく見ていきましょう。

仮想通貨を取引する時間帯に注意する

仮想通貨市場は24時間365日動いていますが、取引の活発な時間帯とそうでない時間帯があります。

通常、アメリカやヨーロッパの主要市場が開いている時間帯は取引量が増加し、スプレッドが狭まる傾向にあります。

逆に、市場の活動が低下する時間帯ではスプレッドが広がることがあります。

編集長

取引を行う際は、市場の流動性が高い時間帯を選ぶことが大切です。

仮想通貨のスプレッドが広すぎる取引所は控える

スプレッドは取引所によって大きく異なります。

特にマイナーな取引所や流動性が低い取引所では、スプレッドが不当に広がることがあります。

これは、取引コストが高くなるだけでなく、不利な価格で取引を強いられるリスクが伴う場合も。

そのため、スプレッドが広すぎる取引所は避け、事前に複数の取引所のスプレッドを比較検討することが大切です。

急騰・急落を繰り返すチャートは注意

仮想通貨市場は非常にボラティリティが高く、急騰・急落を繰り返す場合があります。

このような状況では、スプレッドが突如として拡大するリスクがあります。

特に、ニュースやイベントによって市場が大きく動く場合、スプレッドの急激な変動により、予想外の取引コストが発生する可能性があります。

そのため、市場の動向を常に注視し、高いボラティリティが予想される場合は、慎重に取引を行うことが大切です。

関連するよくある質問

最後に、仮想通貨FXのスプレッドに関連するよくある質問に回答します。

関連するよくある質問
  • 仮想通貨FX(ビットコインFX)のスプレッドの計算方法は?
  • 仮想通貨はスプレッドが広すぎて儲からないの?
  • 仮想通貨のスプレッドが狭い(低い)海外取引所は?
  • 仮想通貨FXのスプレッドと手数料の違いは?
  • コストをおさえてレバレッジ取引ができる海外取引所は?
  • CoinCheck(コインチェック)やDMM ビットコインのスプレッドはいくら?
  • 2024年最新のコストを抑えてトレードができる業者ランキング1位は?

仮想通貨FX(ビットコインFX)のスプレッドの計算方法は?

スプレッドは、買い価格と売り価格の差で表されます。

例えば、ビットコインの買い価格が10,000ドルで、売り価格が9,990ドルの場合、スプレッドは10ドルになります。

このスプレッドが取引コストとして直接影響します。

仮想通貨はスプレッドが広すぎて儲からないの?

「仮想通貨はスプレッドが広すぎて儲からない」とよく耳にするかもしれません。

仮想通貨のスプレッドの広さは、市場の流動性や取引所によって変化します。

スプレッドが広いと、取引コストが高くなります。しかし、市場の動きや取引戦略によっては、それでも利益を出すことが可能です。

スプレッドを含めたコストを考慮した上で、適切な取引戦略を立てることが大切です。

仮想通貨のスプレッドが狭い(低い)海外取引所は?

スプレッドが狭い取引所は多くありますが、BybitやZoomexなどが一般に低いスプレッドを提供していることで知られています。

ただし、取引所選びではスプレッドだけでなく、セキュリティ、利便性、手数料の面も考慮して選ぶことが大切です。

仮想通貨FXのスプレッドと手数料の違いは?

スプレッドは取引価格の差であり、実質的な取引コストです。

一方、手数料は取引所やブローカーが取引実行のために徴収する費用で、取引量や取引価格に応じて定められます。

スプレッドは市場の流動性に左右されますが、手数料は取引所が固定で設定します。

コストをおさえてレバレッジ取引ができる海外取引所は?

コストを抑えつつレバレッジ取引を提供する海外取引所には、XMTradingやExness、Bybit、FXGTなどがあります。

海外取引所は、比較的低い手数料と狭いスプレッドを提供しています。

コストをおさえて取引したい方は、海外の仮想通貨取引所がおすすめです。

CoinCheck(コインチェック)やDMM ビットコインのスプレッドはいくら?

CoinCheck(コインチェック)やDMM ビットコインのスプレッドは、市場の状況や取引される仮想通貨によって変動します。

例えば、CoinCheck(コインチェック)のビットコインのスプレッドは、5.8%。DMM ビットコインのスプレッドは3.9%に設定されています。

2024年最新のコストを抑えてトレードができる業者ランキング1位は?

2024年最新のコストを抑えてトレードができる業者ランキング1位はBybitです。

Bybitはスプレッドが非常に狭い上に取引手数料も0.02%〜とかなり安いです。

コストを抑えてトレードしたい方はBybitがおすすめです。

まとめ

本記事では、仮想通貨FX(ビットコインFX)のスプレッドを取引所ごとに比較して解説しました。

仮想通貨を現物で購入してガチホする分には手数料はかかりません。しかし、仮想通貨FXを行う際は手数料は付き物です。

都度かかるスプレッドや取引手数料は、安いほうが利益が出しやすいです。

仮想通貨FXで取引所を選ぶ際は、スプレッドが低く、取引手数料が安い海外取引所を選びましょう!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

5年前から海外の仮想通貨取引所で仮想通貨FXを行っています。特にビットコインFXが得意です。
これまで培ってきた知識や経験を余すことなく情報として発信します。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次