仮想通貨FX(ビットコインFX)で追証なし?ゼロカット採用の海外取引所がおすすめ!

本記事は以下の方におすすめ
  • 仮想通貨FXで追証なしで取引したい
  • ゼロカットを導入している仮想通貨FX取引所は?
  • 追証なしで仮想通貨FXなら海外取引所がおすすめ?

追証なしで仮想通貨FX(ビットコインFX)を行うなら、海外の仮想通貨取引所がおすすめです!

海外の仮想通貨取引所では、ゼロカットシステムを採用しています。そのため、証拠金がマイナスになっても追証が発生しません。

つまり、借金を背負うリスクなく、安心して仮想通貨FXに取り組めます!

本記事では、仮想通貨FX(ビットコインFX)の追証について以下を解説します。

追証や借金のリスク0で仮想通貨FXをしたい方は、ぜひ本記事を参考にしてください。

目次

仮想通貨FX(ビットコインfX)の追証とは?

まず最初に、仮想通貨FX(ビットコインfX)の追証について初心者向けに解説します。

順番に見ていきましょう。

仮想通貨FXの追証の意味と仕組みを解説

仮想通貨FXの追証の意味と仕組みを解説

仮想通貨FXにおける追証とは、取引の損失により証拠金が不足した場合に、証拠金を追加で入金することを指します。

仮想通貨FXではレバレッジを利用して取引を行うため、証拠金の何倍もの金額で取引が可能です。

しかし、相場が予想と反対の方向に動いた場合、損失が拡大し、証拠金を上回ることがあります。

編集長

このような状況で、証拠金維持率が業者の定めた水準を下回ると、追証が発生するのです。

追証が発生した場合、トレーダーは追加の証拠金を入金する必要があります。

証拠金維持率とロスカットとの関係性

仮想通貨FXにおいて、証拠金維持率とロスカットは、追証と密接に関連しています。

まず、証拠金維持率とは、取引の損失に対する証拠金の割合を示す指標です。

証拠金維持率が業者の定めた水準を下回ると、追証が発生します。

証拠金維持率とロスカットとの関係性

また、証拠金維持率がさらに下がり、業者の定めたロスカットラインを下回ると、ロスカットが実行されるのです。

ロスカットとは、損失を抑えるために、業者が自動的に建玉を決済することを指します。

ロスカットとは損失を抑えるために業者が自動的に建玉を決済すること

追証とロスカットは、トレーダーの損失を拡大させないための重要な仕組みです。

追証が発生すると借金を背負うリスクがある

仮想通貨FXで追証が発生した場合、トレーダーは追加の証拠金を入金する必要があります。

しかし、追加の証拠金を入金できない場合、建玉が強制的に決済され、損失が確定します。

この損失は、証拠金を上回ることがあり、トレーダーは借金を背負うリスクがあるのです。

編集長

特に、レバレッジを高く設定している場合、損失が拡大しやすく、借金のリスクが高くなります。

したがって、仮想通貨FXでは、適切なレバレッジ設定とリスク管理が重要であり、追証が発生しないように注意する必要があります。

なお、海外の仮想通貨取引所では、ゼロカットを採用しているため、追証が発生しません。

編集長

借金を背負うリスクは0です。安心して仮想通貨FXに取り組めるでしょう。

追証なしで取引できるおすすめの海外取引所は、「仮想通貨FX・ビットコインFXの海外取引所おすすめランキング10選」で解説しているので参考にしてください。

仮想通貨FXのゼロカットシステムとは?

仮想通貨FXのゼロカットシステムとは証拠金残高がゼロになった時点で自動的に建玉を決済するシステムのこと

仮想通貨FXにおけるゼロカットシステムとは、証拠金残高がゼロになった時点で自動的に建玉を決済するシステムのことを指します。

従来の仮想通貨FXでは、証拠金維持率が一定の水準を下回ると追証が発生し、トレーダーは追加の証拠金を入金する必要がありました。

しかし、ゼロカットシステムでは、証拠金残高がゼロになった時点で建玉が自動的に決済されるため、追証が発生することはありません。

編集長

つまり、トレーダーは証拠金以上の損失を被ることがなく、リスクを最小限に抑えて取引することができます。

ゼロカットシステムのメリット・デメリット

ゼロカットシステムのメリットは、追証が発生しないため、トレーダーが証拠金以上の損失を被るリスクがないことです。

これにより、リスク管理がしやすくなり、安心して仮想通貨FXに専念することができます。

一方、デメリットとしては、証拠金残高がゼロになった時点で建玉が強制的に決済されるため、損失が確定してしまうことが挙げられます。

また、相場が一時的に急変した場合、本来なら利益が出るはずの建玉が、ゼロカットにより決済されてしまう可能性もあるでしょう。

海外取引所ではゼロカットシステムを採用

国内の仮想通貨FX取引所では、追証制度が一般的です。

しかし、海外の取引所では、ゼロカットシステムを採用している取引所が多いです。

海外の取引所では、レバレッジの規制が緩く、ハイレバレッジでの取引が可能であるためです。

ハイレバレッジ取引では、相場の変動によって証拠金が急速に減少する可能性があります。

編集長

追証制度よりもゼロカットシステムの方が、トレーダーのリスクを最小限に抑えることができるでしょう。

海外取引所では追証なしで仮想通貨FXできる

ゼロカットシステムを採用している海外の仮想通貨FX取引所では、追証なしで取引を行うことができます。

追証が発生しないため、証拠金以上の損失を被るリスクがなく、安心して仮想通貨FXに取り組めるでしょう。

ただし、ゼロカットシステムではリスクが限定される一方で、損失が確定しやすいというデメリットもあります。

したがって、トレーダーは自己の取引スタイルやリスク許容度に合わせて、適切な取引所を選択する必要があるでしょう。

関連:仮想通貨海外取引所ランキング!おすすめ比較15選

追証なしで仮想通貨FXできるおすすめ海外取引所

仮想通貨FXを追証なしで行える海外取引所は複数存在します。

これらの取引所では、ゼロカットシステムを採用しているため、証拠金以上の損失を被るリスクがなく、安心して仮想通貨FXができます。

ここでは、追証なしで仮想通貨FXができるおすすめの海外取引所を3つ紹介します。

Bybit

Bybitは追証なしで仮想通貨FXできるおすすめ海外取引所

Bybitは、シンガポールに拠点を置く仮想通貨FX(デリバティブ)に特化した取引所です。

500種類以上の仮想通貨を、最大100倍のレバレッジで取引ができます。

また、Bybitではゼロカットシステムを採用しているため、追証が発生することはありません。

取引手数料も低く抑えられており、スプレッドも業界最安値の水準となっています。

編集長

さらに今なら期間限定で、6,000円のトレード資金がもらえる口座開設キャンペーンを開催中です。

追証なしで仮想通貨FXに取り組みたい方は、ゼロカットを導入しているBybitで取引を始めましょう。

\今なら3万ドルのボーナスがもらえる!/

FXGT

FXGTは追証なしで仮想通貨FXできるおすすめ海外取引所

FXGTは、セーシェルに拠点を置く仮想通貨FX取引所です。

最大1000倍のレバレッジで取引ができます。

FXGTでは、ゼロカットシステムを採用しています。そのため、高いレバレッジをかけた仮想通貨FXでも、安心してトレードができるでしょう。

また、スプレッドが非常に狭いうえ、取引手数料は無料です。取引コストを低く抑えて仮想通貨FXができます。

編集長

さらに今なら期間限定で、15,000円のトレード資金がもらえる口座開設キャンペーンを開催中です。

追証なしで安全に仮想通貨FXを行いたい方は、FXGTでお得に取引を始めましょう。

\今ならタダで15,000円がもらえる!/

XMTrading

XMTradingは追証なしで仮想通貨FXできるおすすめ海外取引所

XMTradingは、キプロスに拠点を置く老舗の外国為替証拠金取引(FX)業者です。

FXがメインの業者ですが、仮想通貨CFDにも対応しています。

仮想通貨は、最大500倍のレバレッジで取引可能で、FXに関しては最大1000倍のレバレッジで取引が可能です。

もちろんXMTradingではゼロカットシステムを採用しているため、追証が発生することはありません。

編集長

さらに今なら口座開設のみで13,000円が受け取れるボーナスキャンペーンを開催中です。

借金のリスクゼロかつ、ハイレバレッジで仮想通貨FXを行いたい方は、追証なしのXMTradingで取引を始めましょう。

\今なら13,000円のボーナスがもらえる!/

追証なしで仮想通貨FXを行う際の注意点

追証なしで仮想通貨FXを行うことで、証拠金以上の損失を被るリスクを回避できます。

ただし、追証なしで取引を行う場合でも、いくつかの注意点があります。

ここでは、追証なしで仮想通貨FXを行う際の注意点を3つ紹介します。

許容できる金額までに証拠金を設定する

追証なしで仮想通貨FXを行う場合、証拠金以上の損失が発生しないように、自分が許容できる金額までに証拠金を設定することが重要です。

証拠金が少なすぎると、相場の変動によって簡単にロスカットが発動し、強制決済されてしまう可能性があります。

一方、証拠金が多すぎると、資金効率が悪くなってしまいます。

編集長

自分のリスク許容度と資金状況を考慮して、適切な証拠金を設定するようにしましょう。

高いレバレッジ取引はリスクが伴う

仮想通貨FXでは、高いレバレッジを利用することで、少ない証拠金で大きな取引が可能になります。

しかし、高いレバレッジを利用すればするほど、相場の変動によって大きな損失を被るリスクも高くなります。

特に、仮想通貨市場は価格変動が大きいため、高いレバレッジを利用することは非常にリスキーです。

編集長

自分のリスク許容度に合ったレバレッジを選択し、過度なレバレッジ取引は避けるようにしましょう。

関連:仮想通貨FXの最大レバレッジは何倍?おすすめの海外取引所も紹介

ロスカットで強制決済される可能性がある

追証なしで仮想通貨FXを行う場合、証拠金以上の損失が発生しないように、ロスカットルールが設定されています。

ロスカットとは、証拠金維持率が一定の水準を下回った場合に、自動的に強制決済される仕組みです。

ロスカットが発動すると、建玉が強制的に決済されるため、大きな損失を被る可能性があります。

編集長

ロスカットが発生しないように、適切な証拠金管理を行い、リスクを適切にコントロールすることが重要です。

仮想通貨FXの追証に関連するよくある質問

最後に、仮想通貨FX(ビットコインFX)に関連するよくある質問に回答します。

仮想通貨FXの追証に
関連するよくある質問
  • bitflyer(ビットフライヤー)はゼロカットで追証が発生しない?
  • 仮想通貨FXで追証が払えない場合?
  • 仮想通貨FXではレバレッジ100倍で取引できる?
  • コインチェックで追証が発生した場合は?
  • ビットコインFXのロスカットとは?
  • ビットコインFXのロスカットで借金のリスクは?
  • 仮想通貨FXでロスカットしないルールは?
  • 追証がない国内仮想通貨取引所は?
  • ビットコインFXでなぜ追証(追加証拠金)が発生するのか?
  • 暗号資産FX(仮想通貨FX)とは?

bitflyer(ビットフライヤー)はゼロカットで追証が発生しない?

bitFlyerでは、ゼロカットシステムを採用していません。そのため、追証が発生します。

証拠金維持率が80%を下回った時にルールが適応されます。また50%以下になると、ロスカットになります。

仮想通貨FXで追証が払えない場合?

追証が払えない場合、ロスカットが実行され、保有ポジションが強制決済されます。

追証の支払いが滞ると、取引所から法的措置を取られる可能性もあります。

仮想通貨FXではレバレッジ100倍で取引できる?

日本国内の規制により国内取引所では、仮想通貨FXのレバレッジ上限は2倍に制限されています。

一方で、海外の取引所では、最大100倍〜1000倍のレバレッジで仮想通貨FXが可能です。

関連:仮想通貨・ビットコインをレバレッジ100倍で取引できるおすすめ海外取引所

コインチェックで追証が発生した場合は?

コインチェックでは追証制度を採用していません。

証拠金維持率が50%を下回ると、ロスカットが実行され、保有ポジションが自動的に決済されます。

ビットコインFXのロスカットとは?

ビットコインFXのロスカットとは、証拠金維持率が一定の水準を下回った際に、強制的に保有ポジションを決済することを指します。

ロスカットにより、追証が発生するリスクを回避できます。

ビットコインFXのロスカットで借金のリスクは?

ビットコインFXでは、ロスカットが適切に機能する限り、追証が発生することはなく、借金のリスクはありません。

ただし、相場が急激に変動した場合などには、ロスカットが間に合わず、証拠金以上の損失が発生する可能性があります。

仮想通貨FXでロスカットしないルールは?

仮想通貨FXのロスカットは、トレーダーの資産を保護するための重要なルールです。

ロスカットしないルールは一般的ではありませんが、一部の海外取引所では、ロスカットをオプションで設定できるところもあります。

追証がない国内仮想通貨取引所は?

bitflyerやコインチェックなど、多くの国内仮想通貨取引所では追証制度を採用していません。

代わりに、ロスカットルールを設けることで、追証リスクを回避しています。

ビットコインFXでなぜ追証(追加証拠金)が発生するのか?

追証は、レバレッジ取引で保有ポジションの評価損が証拠金を上回った場合に発生します。

取引所は、証拠金の不足分を補うために追加の証拠金を要求します。

追証が発生しないようにするには、適切な証拠金管理とリスク管理が重要です。

暗号資産FX(仮想通貨FX)とは?

暗号資産FX(仮想通貨FX)とは、ビットコインなどの暗号資産を対象とした外国為替証拠金取引のことを指します。

レバレッジを利用して取引を行うため、高い収益を得られる可能性がある一方で、大きなリスクも伴います。

適切なリスク管理と証拠金管理が必要不可欠です。

関連:仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?やり方・始め方・儲かる方法を徹底解説

まとめ

本記事では、仮想通貨FX(ビットコインFX)の追証やゼロカット、ロスカットについて解説しました。

追証なしで取引所で仮想通貨FXができれば、借金を背負うリスクゼロで安心して取引ができます。

また、国内の仮想通貨取引所ではゼロカットを採用していません。しかし、海外の仮想通貨取引所では、ゼロカットを採用しています。

そのため、ハイレバレッジでの取引でも追証が発生しないので、攻めのトレードが可能です。

これから仮想通貨FXを始める方は、追証が発生しない海外の仮想通貨取引所を利用しましょう。

>>追証なしで仮想通貨FXができる海外取引所に戻る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

5年前から海外の仮想通貨取引所で仮想通貨FXを行っています。特にビットコインFXが得意です。
これまで培ってきた知識や経験を余すことなく情報として発信します。

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次